初めての旅行はタイタンライブ2004

私が初めて旅行した日の事を思い返してみた。

 

 

 

1.人生初旅行のきっかけ

2.東京に降り立つ

3.爆笑問題縁の地~江古田

4.爆笑問題縁の地~阿佐ヶ谷

5.タイタンライブ

6.A BATHING APE

 

 

 

1.人生初旅行のきっかけ

2004年春。

 

私が地元で期間雇用事務員として働いていた頃。

2013年9~翌年3月までの期間限定であったが、

4月に入社した新卒が二日目で退職したため急遽5、6月頃まで延長で働いていた頃。

大好きな爆笑問題のライブに行きたくて、

ケータイと家電を駆使してチケットをゲットし

(懐かしい…ネットが普及する前は電話での受付だったのだ)、

数日休みをもらった。

 

家族との旅行はいつも車だったし、

それ以外の旅行は修学旅行しか行ったことのなかった私。

(友人との旅行もしたことなかったはず…悲しい…)

 

全くの無知ながらJRのツアーを申し込んだ。

往路が寝台列車で、

復路が飛行機。

品川のホテル1泊付。

これで北海道発2~3万くらいで、

駅員さんに「よくこんな破格なの見つけたね」と驚かれた。

(寝台って安いのかと思ってたけど飛行機と同じかそれ以上だったりするそうだ。) 

 

 

 

2.東京に降り立つ

 タイタンライブは偶数月開催なので多分4月か6月だったはず。

上野駅寝台列車を降りると、

今までにない空気を感じた。

暑いのだけれど、ただの暑さではない。

あとでそれが"湿気"だということを知った。

「北海道は暑くてもカラッとしている」という表現の意味がやっとわかった瞬間だった。

湿度によってこんなにも暑さの感じ方が変わるものなのか。 

湿度の存在感を身をもって体感した。 

 

 

 

3.爆笑問題縁の地~江古田

深夜番組「爆笑大問題」で、爆笑問題が母校とゆかりの街を巡る回があり、

前もってそれを食い入るように見入り、

画面に映りこんだ電柱に書いてある住所などをメモし調べてそこを回ったりした。

(そんな原始的なことをしなくても、当時だってネットは発達していたはずだけど…)

 

日芸ではサークルの勧誘をしており「ウォーリーを探せ!」のウォーリーに紛したサークルが印象に残っている。

茶店「タンバリン」では、彼らが番組で座った席はすでに大学生らしき若者に座られていたが「うーちゃかが…」という話声が聞こえ、

もしや彼女らも爆笑問題のファン?!と聞き耳を立てながらコーヒーを飲んだ。

ちなみに私の座った席には毒蝮三太夫のサインが飾られていた。

 

 

 

4.爆笑問題縁の地~阿佐ヶ谷

そして江古田をうろうろした後は阿佐ヶ谷へ!

タイタン事務所を拝んで、オープンしたばかりのウィッチムーンでお茶を購入。

このお店のある「阿佐ヶ谷パールセンター」に惚れた。

とても長いアーケード商店街で、しかも賑わっている。

(小樽のアーケードはシャッター商店街なのに…)

東京イコール高層ビルがにょきにょきと生える大都会、というイメージだったので、生活感のある風景に驚いたし魅力を感じた。

 

 

 

5.タイタンライブ

会場は銀座のソニービル

ホステスのドレスが田舎じゃ絶対浮くなと思うほどゴージャスだったり、

酔っぱらいサラリーマンが両脇を仲間に支えられながら「ええい、離せ!」と喚いていたり、

漫画のような空間だった。

(宿泊した品川駅では、別れを惜しみ包容し合うカップルがあちこちに。)

 

ライブの座席数は200~300くらいだったろうか?

前が座布団、後ろがパイプ椅子の席だった。

私はとにかく前へ前へと、2,3列目くらいを陣取った。

太田さんと目が合うのが恥ずかしくて(向こうは見てない)伏し目がちに漫才を見ていた二十歳の私。

 

あと当時のゲストは村田渚猫ひろしがいたと思う。

小さいおっさんがパンツをおろす芸は恐怖だった。

 

 

 

6.A BATHING APE

私はCORNELIUSも大好きで、当時小山田さんがよく着ていたAPEのグッズが欲しくて原宿へも行った。

とても治安の悪い場所という噂を聞いていたので(どこからの噂なのか)どきどきしていたけれど、ど田舎丸出し・おしゃれも身だしなみも興味なしのダサダサ人間にも、店員さんは優しく接客してくれた。

「APE SHALL NEVER KILL APE」とデカデカと書かれた白T、

どピンクの迷彩柄タオル、

ペイズリー柄の白Yシャツ(これはサイズが大きかったのでのちにヤフオクに出した…まあまあなお値段で売れました…)、

の3点を購入。

 

 

 

特にオチはなし。

うーん、なつかしいなあ。

東京癒しの旅2019.06〜等々力渓谷公園

 

パティシエ界の天皇のケーキを堪能して15時半。

飛行機は18時40分なのでまだ余裕はあるけど、これからもう一箇所見どころを探して行くには中途半端かなぁと思っていると、すぐそばに公園があるのを見つけた。

f:id:mmwr:20190713180534j:image

公園をぶらっとしてそのまま駅に向かえばちょうどいい時間潰しになるかなと向かってみると、突然、とても都会の真ん中とは思えないほどの密林が。

 

等々力渓谷公園

f:id:mmwr:20190713180807j:image

遊歩道はきれいに整備されていて歩きやすかった。

f:id:mmwr:20190713181011j:image

いやぁ、旅の最後に自然に触れ合えるなんて。

思いがけず良い思い出になった。

 

そしてこの等々力駅がまた、地上駅でいい感じだった。

 

 

 

f:id:mmwr:20190713182022j:image

品川辺りで乗り換えだったのだけど疲れ過ぎて、行き先が書いてある看板の字が読めなくなって焦った。

危うく迷子になるところだった。

 

羽田空港に着き、マッサージに直行した。

「とにかく横になりたいんです…」と言って全身のマッサージを30分。

(つねってるみたいな下手くそなマッサージでびっくりした…)

 

 

 

f:id:mmwr:20190713183051j:image

f:id:mmwr:20190713183047j:image

帰りの便でこんなに暗い空を見るなんて初めてかも。


f:id:mmwr:20190713183042j:image

た、ただいま〜!

朝3時頃に起きて5時39分のJRで出発し、旅行中は少ない睡眠時間で過ごし、23時前に帰宅。

出発前に普段の汚部屋をこれでもかと綺麗にしていったおかげで、帰って部屋に入った瞬間、とても気持ちが良かった。

(でも秒で散らかして未だにそのまま…)

 

好きなアーティストがアートワークを手掛けたホテルに泊まり、

彼のデザインしたマグを特別に売ってもらい尚且つ支配人からプレゼントをいただき、

ご本人からもメッセージをいただき、

数年振りに行った美容室でよくしてもらったり、

スノボ仲間と遊んだり、

以前ゲストハウスで一度会っただけのベトナム人と再会して国際交流パーティーに参加したり、ハイソな食事をしたり、

とても満喫した旅行だった。

東京癒しの旅2019.06~高級な食事たち

1.渋谷ストリームエクセルホテル東急

2.砂の岬

3.AU BON VIEUX TEMPS 尾山台

 

 

 

振り返ってみると、最終日はいいお値段のする食事ばかりだった。

 

 

 

1.渋谷ストリームエクセルホテル東急

2,450円(消費税、サービス料込み)

そんなに品数は多くはないけど、お洒落な食材と綺麗なディスプレイのおかげで物足りない感じはしなかった。

ドレッシングは10種類くらいあったかな。

結局、サラダ(カリフラワー、トマト、玉ネギ、穀物)、ニシンのマリネ、ヨーグルト、パンを一皿に。

そして、エッグベネディクトとフレンチトーストのどちらかを出来立てで持って来てくれる。

私は前者を選択。

人生初のエッグベネディクト

ソースも選べた。

 

 

 

2.砂の岬

私の好きなアーティストがロゴとウィンドペイントをしたお店へ。

オープン直後に行ったけど、すでに行列が出来ていて、私が帰る時もまだ並んでいた。

 

基本のベジプレート1,530円

+追加のノンベジ(通常400〜450円のところ、今回はいいお魚が入ったので)500円

+ラッシー(チャイ売切れ…後の人は頼めたみたいだけど)550円

+デザート600円

合計3,180円也

 

ご主人とそのご家族は年に数回、約1カ月かけてインドへ修行に行っているそうだ。

もちろんその間お店は休店。

ちなみに普段は週4営業。

 

 

 

3.AU BON VIEUX TEMPS 尾山台店

新町から少し歩いた先に等々力行きのバスを見つけ、乗車。

旅先では電車移動が多いから、ローカルバスって冒険ぽくて面白い。

 

職場の料理人さんが「パティシエ界の天皇」と言っていたお菓子屋さん。

ケーキ、焼き菓子、チョコ、肉!沢山のお菓子がずらり。

お土産用に焼き菓子を数点、このお店を教えてくれた料理人さんと自分用にチョコを2粒ずつ購入。

そしてイートインでケーキを。

優雅なひと時でした〜。

東京癒しの旅2019.06~マグカップとサプライズ

今回の旅行の最大目的は、私の好きなアーティスト、藤田次郎さんがアートワークを手がけたホテルに宿泊する事。

そのホテルの客室に、これまた彼がデザインしたマグカップが置いてある。

ロビーに展示もしているのだけどそれが販売しているものか分からず、一日目の夜、友人と夕食をしワインのボトルを空けてからチェックインした際、フロントスタッフに聞いてみた。

すると、売ってはいないがチェックアウトまでにお返事したいので待ってください、との事。

ちょっと期待しつつ旅行を満喫し、最終夜国際交流パーティーから戻ると、一枚のメモがドアに挟まれていた。

 「今回特別に販売させていただきたく思います。

お好きな柄をお申し付けください」という内容が書かれていた。

自称帰国子女のゲイもどき広告マンに絡まれ疲れていた()のが吹っ飛んだ。

ロビーに展示してあったマグたち。

私の部屋にあったのは、上段右端(下段左端)の。

 

チェックアウトの際フロントスタッフに、どうぞ選んでくださいと言われたのだけど、どうしても一つに絞りきれず、箱に入って中身がわからないままの状態でスタッフに選んでもらった。

すると偶然にも、それは私が部屋で使っていたものと同じデザインのものだった。

 

また「こちら支配人からです」と、スタッフが紙袋を持ってきた。

まさかまさかと中を見ると、藤田さんのグッズだった。

クリアファイルとバンダナ。

う、嬉しすぎる…!!!

別に私VIPじゃないし、むしろJALじゃらんのパッケージツアーだし、ホテル側にメリットなんてないのに…

私はオタクで既に同じものを所持しているので、これは保存用にしよう✨

 

インスタのストーリーにホテルの様子をアップしたら藤田さんご本人から「わあ^_^ありがとうございます。昨日打ち合わせでホテルに行ってたんです💦ご挨拶したかったです」とメッセージが!!

そしてマグとプレゼントの件をメッセージしたら、長文でお返事が( ;∀;)

私なんて、もう一年以上グッズも何も買ってないダメダメなファンなのに…なんて優しい…神…

壊しませんように~

 

前回の台湾旅行では、友人の叔母さんから手作りのマグカップ

その前の九州旅行では有田焼の作家さんから有田焼のコーヒーカップをもらったし、なんか旅行の度カップが増えてる笑

東京癒しの旅2019.06~国際交流パーティー@六本木

18時58分にオーダーしたドリンクを飲み終えて、19時からの「国際交流パーティー」へいざ。

(多分30分以上過ぎてたと思う)

 

f:id:mmwr:20190709220950j:image

途中でベトナム人の友人らしい人達に会い、記念撮影。

左から、ニュージーランド人、私、ニュージーランド人の仲間、アメリカ人。

彼らも後から合流するみたいなことを言っていた。

なんか、赤い服の人が「ふぁっく」と言ったように聞こえて、パーティーに若干の不安を覚えた。

(ただ口が悪いだけの人だろうけど)

 

 


f:id:mmwr:20190709220955j:image

また盗撮されてた。

 

てっきり勉強会だと思っていた国際交流パーティーだが、実際は、六本木にある地下のバーを借りてのものだった。

特に司会やタイムテーブルといったものはなく、立ち飲みスタイルで各自自由におしゃべりをしている。

だからあまり時間を気にしてなかったのかぁ。

一見、イベントすらやってるとは思えない。

思ってたんと違う。

 

入場料:

外国籍1,500円

日本人女性予約1,500円/当日2,000円

日本人男性予約3,000円/当日3,500円

ポテトサラダやパスタなどの軽食付き。飲み物は別途。

 

机に置いてあった「国際交流パーティー」のスケジュールを読むと、結構な頻度でパーティーが催されておりそれぞれテーマがあるようで、例えば

「国際結婚の日」「一人参加限定の日」「恋愛関係なしの日」などがあり、私が参加した日は「シングル限定の日」だった。

完全出会い系?合コン?じゃんw

小樽と違って、アジア系でない外人さんが多くて、

「え、六本木だし(←注初めて来ました。只の偏見)ガイジン多いし、これって薬の交流パーティーなんじゃ??」と田舎丸出しの心配をして笑われた。

しかもこの状況で唯一の知人が、去年ゲストハウスで一度会っただけのベトナム人だ。

最初は彼にでさえ怪しんでいたけど、ここでは彼に頼り切ってずっとくっついていたw

 

パーティーが閑散としてきた頃、何人かで二次会へ。

 

 

 

 RIGORETTO BAR AND GRILL ROPPONGI

後で場所を調べたら、どうやら六本木ヒルズらしかった。

今回の旅行は、渋谷ストリーム、ヒカリエ、東京ミッドタウン、そしてここと、大きなビルジングに縁があるなぁ。

パーティーで知り合った、自称帰国子女の広告マンがここへ案内してくれたのだけど、ベトナム人達もちゃんとついてきてくれるか心配で、途中何度も振り返ったw

彼はなよっとしたゲイにしか見えなくて(手首の動きやカバンの持ち方がそれっぽい。可愛いカクテルが好き。コテコテのブランドバッグとベルトを着用)、周りに彼ってゲイだよね?と言ったら、東京の男はあんな感じだよ!と返された。

ほんとかな。

その彼とラインを交換したら何故かめちゃめちゃ加工されてる自身のプリクラが送られてきた。

そして私に「ミシェル」とイングリッシュネームを付けてくれた。

「エニウェイとにかく」やら「バイザウェイところで」やら、私以上にルー大柴だった彼。

帰国子女だからってそんな事あるー??

 

さてここも、体格のよろしい外人さんが沢山。

すでに人でびっしりのカウンターに詰め詰めし、雑談。

しかし、大勢の人の話し声と大音量のミュージックがうるさくて会話にならない。

 

口紅のついた飲み残しのワインがあって、それをニュージーランド人に「間接キスできるよ!」と勧めたけど、「こういうのは毒が入っている、六本木だから」。

さっきは私を笑ってたのにーw

そんな彼のケータイの検索履歴が一瞬見えてしまったんだけどそこにあった「しっしん炭酸」というワードが未だ忘れられない。

シンナーや失神ゲーム的なものをイメージしてしまう。

 

いつも閉店まで居座るこの私が、多分23時くらいに帰る事にした。

 そうしたら自称帰国子女がついてきて、私をナンパしてきた。

「僕のプリンセスになって♡」

一人になった時に我に返って悶絶したりしないのかな…。

もちろん宿泊先に帰ったけど、別れた途端に「すんっ」てなったのを見逃さなかった。

ウチの職場のゲイも、普段はブリブリしてるのに感情的になったり素が出ると声は低く態度は冷たくなるし、やはりこいつもゲイか?

あと、ずっと私の事をミシェルって呼んでくれてたのに気付いてなかった私😂

東京癒しの旅2019.06~寝坊助アメリカ人と対面

1.スターバックスコーヒー 東京ミッドタウン

2.とんかつと豚肉料理平田牧場 東京ミッドタウン

3.鳴門鯛焼本舗 東京ミッドタウン前店

4.HUB 六本木2号店

 

 

 

1.スターバックスコーヒー 東京ミッドタウン店

美術館を見終えてカフェへ。 

ちょっとどうでもいい小話なんだけど、ベトナム人が商品を受け取っている間に私が席を確保しようと思いとっさに「ゴーアヘッド!」と言葉が出た自分に驚いた。

え、私英語できるじゃ~ん!と(そのくらい私は本当に英語が出来ない)。

ランチしたカレー屋は向かい合わせだったけど、ここでは隣同士なのでお互いケータイの写真を見せ合ったりして過ごした。

そうしたら、二年前の夏に彼が私の住む街の近くを旅行していたことを知った。

そして私も好きなお店に行っていた。

もしかしたらすれ違っていたかもね、なんて話しながら「その半年後にスノボをしにまた北海道に来るとかすごいなあ」と思った(←この時私と知り合う)。

しかし相槌さえまともに出来ない私はだんだん精神的にしんどくなり、

「日本に住んでるんだから日本語できるはずでしょ!」と思い、当然のように日本語で話しかけてみたら、普通に応対してくれた。

なら最初から日本語にしてほしかった。

ルー大柴状態の私の英語力によく耐えてたな、彼。

 

少しの間、ザンザンと雨が降った。

梅雨の東京を歩いて、傘が必要なほどの雨はこの時くらい。

しかも室内だったので濡れず。

 

「この後国際交流パーティーに行きませんか?」と誘われた。

大学のゼミみたいな(私は高卒なので大学のことは全くの無知。ただの勝手なイメージ。ゼミって何?)ものかな?

会話力ゼロで大丈夫だろうかと思ったけど、こんな機会めったにないだろうしふたつ返事で行くことに。

サンキューフォーユアインバイテッドミー!は頑張って伝えた。

 

いつまでここにいるのかな?と思っていたら、寝坊助のアメリカ人がようやく到着。

お腹が空いているというので適当に探すことに。

 

 

 

2.とんかつと豚肉料理平田牧場 東京ミッドタウン店

これも盗撮。 

同じようなところをぐるぐる周り、とんかつ屋に決めた。

日本食が食べたいとの事だったんだけど、とんかつも日本食でいいのかな?

お肉にこだわっていて英語表記メニューもあるお店だったけど、三元豚金華豚の違いや特徴が一切書かれていなく、説明に困った。

ランチのカレーでまだお腹いっぱいだったので、私は春巻き(2本入)、ベトナム人はとんかつ一切れの小皿料理を注文。

ベトナム人はソースなど調味料の使い方が日本人的だった(確か小皿にソースやカラシを溶いて、そこにカツをつけてたかな)。

アメリカ人が 、よく分からずにちょっと違う食べ方をすると彼が注意というか都度教えていた。

「これにつける調味料はこれ!」とか。

好きなやり方でいいしょ~。

でも白米に醤油をかけるのは何も言ってなかったな。

 

 初めて見たかも、東京タワー。

一体どこに向かって歩いているのだろう…

国際交流パーティーまではまだ1時間位ある。

 

 

 

3.鳴門鯛焼本舗 東京ミッドタウン前店

すぐに写真を撮る。

ベトナム人が、お金がないからコンビニでおろしたい、とコンビニを探していたのに、たい焼き屋を見つけた途端、目の前のコンビニを素通りしてそっちに向かおうとしたので止めた。

よほどたい焼き(甘い物)が好きなようだ。

私はまだお腹がいっぱいだというと、一口分けてくれた。

たい焼きを食べているベトナム人を撮り共通の友人(オランダ在住)にメールして、それを彼に見せた。

すると「あ、あのスケベな奴にメールしたのかい」的な英語がなぜか聞き取れて可笑しかった。

 

 

 

 

4.HUB 六本木2号店

19時までハッピーアワー(ドリンクが割引)だから!と、国際交流パーティーまで一時間を切ったが飲み屋に寄った。

 この時教わった英語

「I'd like to use the restroom?」

なるほどー。

I wont to go to〜ではないだろうとは思ってたけど。

toiletよりrestroomの方がいいらしい。

私はついついbathroomと言ってしまう。

手帳にメモして、早速このフレーズを使ってトイレに行った。

 

「ハッピーアワーはまだ後2分あるから!」と、もう一杯注文。

えー、遅刻確定でしょ!

東京癒やしの旅2019.06~ベトナム人と再会

1.国立新美術館

2.DOWN TOWN B's

3.21_21 DESIGN SIGHT

 

 

 

美容室で髪をセットしてもらい、友人と再会&ランチ。

それまでまだ時間があるので一人で美術館に寄った。

 

 

 

1.国立新美術館

自分用土産のクリアファイル。

 

 「日本・オーストリア外交樹立150週年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道」という企画展を鑑賞。

ベタな感想だけども、実物で見る絵は迫力が違いますね。

1800年代から現代にかけてのヨーロッパのアート…文明のレベルが高すぎる。。。

思っていたより作品が多くて、じっくり見すぎて1時間半じゃ足りなくなってしまい半分くらいは早足で素通りするはめに…。

 

旅行でしたいことの一つとして美術館を挙げてはいたけど、実は絵画だとか美術だとかにそんなに関心があるわけではなかったりする。

最初は入館料の1,600円も高いなあと思っていたけど、とても満足した。

これからもたまに行きたいな。

 

 

 

2.DOWN TOWN B's

タクシーで慌てて向かったが、友人は40分位遅れてきた。

傘をなくしたんだとか。

(雨宿りでもしてたのかな)

その間店内で待たせてもらったのだけど、何も注文しない私といつまでたっても現れない"友人"を不審に思われないかヒヤヒヤした。

しかも、店員さんには「三人」と伝えて席を用意してもらっていたのに、もう一人の友人(私は面識なし)は寝坊して起きなかったようで来なかった。

ブレブレ。

ビリヤニが入っている壺みたいな器が可愛い。

インド系の店員さんが英語で「このビリヤニは、毎日作ってるフレッシュなビリヤニだからね!」と何度も念を押してきた。

「炊き立て」って英語で「フレッシュ」というのかぁ、一つ勉強になったなぁ。と思いながら食べた。

 

友人は、口コミほどの味ではなかったと言っていたけど、店員さんの感じもよかったし、私は〇だった。

 

 

盗撮されてた。

後でこのお店の公式サイトを見たら、実際のお店と全然テイストが違ってて笑った。

実際は、食堂的な雰囲気。

 

 

 

3.21_21 DESIGN SIGHT

食事を終え徒歩で移動。

どこに行くのかな?と思いながらついていくと、私が興味があると話していた美術館に到着。

「ユーモアてんてんてん」という、個性的な作品を集めた展示。

これらの写真は友人が撮ったもので、私が「あなたが撮った写真、何枚か送って」とお願いしたところ、彼のチョイスでもらったもの。

私が、太陽の塔が好きと言っていたのを覚えてくれていたようだ。

サンキュー。

(というか、知らず知らずに撮られてた写真が結構あってびっくりしたw)

あと、春画コーナー(R18)があったのだけど、彼は何も分からず入っていき、出てきて「シャイニー」だか「シャイリー」だか言っていたw